7/1(月)左手の神経が治りました

このところ私の左腕は
受難が続いていて
実はCTとったときに採血で
左の血管が細いので針を刺したあと
血管を針でさぐって

終わってから翌日に腕の関節のあたりから手先にかけて
しびれるような痛いような
感じになっていたのです。
すぐなおるだろうとそのままに
していたのですが、鉄板を洗うとき
ぴりぴりと痺れていたのでした

ネットで調べたら
神経が傷つくと治る迄に
時間が長くかかるということと
悪くすれば
一生治らない場合もある
とのことでした。

日数が経っていたので原因が
注射なのか仕事で手を痛めたのか
についても曖昧なので
病院に問い合わせを
しないでおきまして、
ふと気付くと
昨日でぴりぴりと痺れた感覚は
なくなっておりました。
どうやら
神経が治ったと見て良さそうです。

(^ε^)

最近爪がはやくのびたり
髪も伸びるのがはやく
なってきたので
神経も治ったのでしょう

これからは左腕での採血は
やめることにいたします




(^ε^)なおってよかった~

7/1(月)ついに7月。お仕事は心を読まれてるかと思った件

おはようございます
6/30が明けて7月になりました
7月大歌舞伎初日まであと3日!
楽しみにしておりますぞ
まおたんの旦那の海老の蔵の方の
日記を読むと、家の2階と半分の
高さから後ろ向きに落ちる演出が
あるとかで
役者さんも大変だ
事故らないように気をつけて
くださいね

こちらは日曜の夜勤で
鉄板をごしごし洗いながら
うち(実家)も歴史の多少ある家だが
今はこの仕事で食べてるンラなー。
それにしても弟は親のレールに
上手く乗って
自営業で食べて行けて
音大卒の嫁を貰って
親のプライドも保てたものら。
音大卒の人などがよくも
落ちぶれた我が家に
嫁に来てくれたものよ
でかした弟。
これで子供ができてたら
絵もかけて音楽もできる子なのに
子供は作らない方針ということで
少し残念だなぁ
なーんて思っていたときに

「はやく洗ってください」
「かにょさんみたいなお嬢様じゃないんだからさぁ」
(手つきのボウルをシンクにバンバンバンバン叩いて急かされました)

まるで心を読まれていたかのようで
苦笑いっす。
顔とか背中に心の中身が
書いてあったりしてね。

お仕事はよく眠ったため
と、指示の出し方がわりと
丁寧なのと
無茶な流し方をされなかったので
落下などのミスはなかったが
最後の豚丼のキロ数の記入
と温度を忘れました。
キロ数は覚えていたので
答えたけれども。
失敗失敗。

常々思っていたのだが
繁忙期でもないのに
やたらあおられて
いろんな工場に行ったけど
はじめてです。

繁忙期の早さにはやく
慣れさせたいというつもりなのか
辞めさせたいのかよくわからん

愚痴っぽくなりました

8月の上高地のあとは
またなにか「お楽しみ」を
作らないと持たないですね
九月は台風月で残暑もあるから
天気のよいときに大山に登るか
日帰りで温泉に行くか
何か考えましょう


帰ったら素麺にニンジンのかき揚げ
を乗っけて食べたいなぁ

今日も一日お疲れ様でした

皆様は一週間の始まりですね
行ってらっしゃいまし。


(^ε^)