【記録】10/22(火)「へんな顔」にあんたはレベルが低いといわれた。侮辱ですよねぇ。

日々、近づくと
嫌なことを言われるから「へんな顔」をなるべく避けています。
毎日なにか変なことを言われて
もやもやとしています。
仕事が終わって家に帰っても
忘れられないような嫌なことばをかけられています。
ひょっとしたらわたしは
好かれているのでしょうかね?
印象づけようとしている?
子供が、好きな子にわざと
意地悪するというアレか?
好かれても全く嬉しくないワ。

今日は、レベルが低いと言われたのです。突然に。
22(火)の1度目の掃除。工場は製品の切り替えの時に掃除をするのですが、5-6号機の充填機の下に豆類が落ちていて、それを放置でよいか(最後にまとめて捨てるつもり)、「へんな顔」に確認したら、ちり取りで集めるようにという回答だった。そのときに、その話の流れかどうかわからないけど「あんたはレベルが低い」と言った。
こういうとき、どうしてですか?と
聞き返すものだろうが、へんな顔の話など聞きたくもなく無視。
侮辱されているのだが、まともに怒る気もなく、それはへんな顔が「頭がおかしい人」かもしれないからだ。

それで思い出した!
きのう21(月)は、「へんな顔」に、「頭おかしいんじゃない?!」といわれたのだ。
あのときは、「へんな顔」に習った通りに掃除をしなかったから通りすがりに言い捨てるかんじでした。
いつも心のなかで「「へんな顔」は頭がおかしい人かもしれないから遠巻きにしよう」と思っていたら逆に向こうから言われてしまった形です。
言い返して喧嘩にでもなったら仕返しされそうなので距離をおく、我慢する、を貫いています。


今日「レベルが低い」と言われたものの、むしろ「へんな顔」のレベルの低さを露呈する事がありました。
明け方の5時頃に、洗い場にエプロンを返しに行ったとき、洗い場の人から、「「へんな顔」は充填機を使わない日はいつも3-4号機の通路を洗剤で擦っていないので、かにょさんこれからは洗剤で洗ってくれませんか」ということだった。3-4号機の通路と言えば、わたしは昨日の(月)に洗うなと教わっていたのに洗って、「頭おかしいんじゃない?」といわれたのだ。
しかし、周りの人は、実は充填機を使った日も使わなかった日も通路を洗剤を流して洗うべきだと思っている。通路が油で滑るから毎日洗うべきだと思っていて、「へんな顔」が自分の判断で洗わないでいることを苦々しくみていた、ということがわかりました。

「へんな顔」に教わらなくても
オペレーターの人たちや、心あるベテランの人たちがきちんと教えてくれるから、大丈夫なのだ。

ここで自慢話をひとつ。
オペレーターの人にほめられたんです。機械が早く回っていてカップが少ないとき、「なおし」をやりながらラインが止まらないように動くことができる新人は、今までで私が初めてなのだそうです。
(世界の山パンで修行したからね)
(ラインを止めたら鉄拳が飛ぶくらい怖かったもんね/飛びませんけどね)
(ラインを止めるなという言葉は、カメラを止めるなという映画のタイトルにもなりましたよね。元ネタは当ブログですからね)

「へんな顔」はどういうことでこの現場で貢献しているのかしらね。
新人に教える事もいい加減でね。
白目むいてこっち見ないでね。
20年近くここでお給料貰ってね。
そろそろ咎(とが)めがでるのではないかしら?
なーんてね。



>゜))))彡~~~~~

"【記録】10/22(火)「へんな顔」にあんたはレベルが低いといわれた。侮辱ですよねぇ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント