野麦峠にスキー場 があった。ではなく、mont-bellのゴアテックスの上下をお取り寄せしました。

上高地の旅ではバスの隣りにいた
我孫子さんからmont-bell製品について
いろいろ教わり、本日ネットで
ゴアテックスの上下をお取り寄せの
運びとなりましたー

アウトレットのものです
早い者勝ち

今回のような悪天候で入山
することは人生初のことで、
きちんとした山の用品を
装着することは大切と
思い知らされました。

3万円ほどの出費ですが
台風の時の通勤にも使えるので
浪費ではないでしょう。


話はそれるが
昨日バスの窓から
野麦峠スキー場、のみちしるべを
見ました。
今度、行ってみるかな??
ツアーないかしら??

女工が野麦峠でスキーする
というワークショップを
やってみたいっす。

その近くの白骨温泉で骨を休めて
極上の休日を過ごしたいっす

白骨温泉は、とてもよい温泉だと
添乗員さんが言っていたもので
興味津々なのです。








合羽橋から小梨キャンプ場を抜け明神池に向かう

合羽橋の周辺に土産物店が沢山あり
そこを通過すると
小梨キャンプ場
この雨のなか多くのテントが設営
されてます。
DSC_6126.JPG

ここの水場で水筒に水を入れ
DSC_6127.JPG
先に進みます
DSC_6129.JPG
60~70分で明神池ということで
速度をあげて歩くのですが
途中、清らかな水辺に
手を入れてみたり
DSC_6133.JPG
DSC_6135.JPG
木ノ上から見下ろすサルを
立ち止まって見ていたり
(写真なし)

なかなか前に進みません

16時にバスターミナル集合(発車)
なので、14時45分に折り返し
しないと間に合いません
14時45分に明神池の手前の明神橋に
ついたのです。
これは橋の標識
DSC_6136.JPG
みちしるべ
DSC_6137.JPG
食事と宿泊ができるところ
ランチが1600円ほどで食べられます
DSC_6138.JPG
時間が迫っていましたが
橋を渡ってみました
DSC_6139.JPG

DSC_6140.JPG

向こうから来た通行人に、
池は橋からどれくらい先に
あるのかたずねると
あの建物のすぐ裏ですよ、
というではありませんか。

あの建物、というところに行くには
(写真をとる余裕なし)
5分くらいかかりそうでして
即あきらめて引き返しました。

さいごに橋から川を1枚ぱちり

DSC_6141.JPG

そして小走りにいまきた道を引き返し

15時45分頃に、バスの隣の席の人
我孫子からきたから我孫子さんと
します。
その人に声をかけられ
お土産屋でざざっと記念の品をかって
(彼女はピンバッチ私は鏡)
(ビールのあてに彼女はワサビ味のそら豆、私はわさびプリッツ)
売店でビールを買って

写真は空き缶ですがこんなビール
DSC_6160.JPG
DSC_6159.JPG
揃ってバス停まで早足でゆきます

(写真を撮る余裕なしW)

バス停前の売店で
ビールのあてのおやきを探すが
売り切れていて、残っていた
肉巻きお握り1、コロッケ1を買って
バスに乗り込み
発車と同時に乾杯
お互いの報告をしました。

彼女は植物やビジターセンター
をゆっくり見ていたので
橋を見ないで引き返した
ということでした。

バスの窓越しに諏訪湖
DSC_6143.JPG

帰りのほうが、道の険しさが
わかります。どれだけ高いところに
バスで上がってきたのか、と改めて
感じます。
きつい斜度の道を
バスは下ってゆきます

諏訪湖で夕食の峠の釜飯(オプション)
が配られ
紙の容器がグッドデザインなもので
ぱちりっす
DSC_6144.JPG
蓋が二重になってるのですね。
お付けもの入れは昔とかわらず。
DSC_6145.JPG
疲れた体が優しい煮物の味で
癒やされてゆきます
DSC_6146.JPG
中央高速は事故渋滞が多いため
もしもの時に備えて
食べておくことをおすすめされました

お陰で疲れを持ち越さないでした。

今回の添乗員さんは
明るくて
話好きで元気で
機転が利いて
よいひとでした。
またこの人に当たるといいな。


新宿に20時半について
21時丁度のロマンスカーEXEで
町田迄行きました。
DSC_6147.JPG
今度は
上高地の青い空と
明神池を目当てに
ゆきたいわあ。


おわりっす

>゜))))彡~~

大正池で下車。豪雨のなか明神池に向かいました。

大正池1
DSC_6076.JPG
大正池2
DSC_6079.JPG
このときどしゃ降りの雨でした

雨のなか、いい感じの道をあるき
DSC_6078.JPG
小さな湖(名前失念)に着きました
湖の前には人が集まってます
DSC_6082.JPG
名前はこの看板に書いてあるかしら?
田代湖でした。
DSC_6083.JPG
そして合羽橋に向かいます
大雨です。
DSC_6080.JPG
DSC_6086.JPG
晴れていたらここから穂高連峰が
見えるのです

穂高橋
DSC_6091.JPG

橋また橋を渡ります
DSC_6092.JPG

雲に覆われている
DSC_6101.JPG
山の名前はこれ
DSC_6094.JPG

ウエストン卿の碑
DSC_6100.JPG
DSC_6098.JPG

この辺りから
雨合羽の中が蒸れてまるで夜勤の
お仕事と変わらない感じに。。。

梓川沿いのコースを合羽橋目指して
歩き続けます
川は濁流となってます
DSC_6103.JPG

気温は25度位で東京と変わらない

合羽橋に着く前にご飯。
13時半ころ
五千尺ホテルのお弁当
山芋のソテーや、玉葱の酢漬けで
元気になりましたよ
DSC_6109.JPG
DSC_6110.JPG
お弁当の時間には雨はやみました
こんな椅子とテーブルで
食べてました
DSC_6107.JPG

やっと合羽橋に着いてトイレ休憩
合羽橋綺麗で大きいっす
DSC_6112.JPG
DSC_6118.JPG

つづく。

よい旅行でした!そしてエネルギー補給。

8/22(木)の上高地日帰り旅行は
とても良かったです
その報告は明日にしてまずは
夜食です

アンガス牛のハネシタという部位
通称ザブトンというところのお肉を
頂きました
これが柔らかくて美味しいこと

DSC_6155.JPG
レアすぎるので一口大に切ったら
フライパンで焼き直しています
柔らかくて風味があり美味しいです

ステーキの焼き方は
白い胡麻油大さじ1とバター2かけら
をフライパンに乗っけて加熱
溶けてきたら両面に塩コショウした
肉をのせ、肉の回りに
ピーマンまるごとと
みじん切りした玉ねぎをのせて
火が通るまでまつ、というものです。


玉葱にバターと肉汁が染み込んで
美味しい添え物になります。
ピーマンもまるごと焼くと甘くて
美味しく
沢山食べられます。
種ごとまるまる頂けます


いやされるー

上高地、乗鞍方面。発雷注意報orz

おはようございます。
上高地には、発雷注意報が
でている8月22日の朝です。


ライブカメラで朝の風景も確認して

Screenshot_20190822-055849.png
ちとはずしたなぁ感を感じつつも
今回は下見、ということで
楽しんでこようと思います

ご飯と体調は

夜中にアンガス牛を焼いて食べ
固いところは煮込んでカレーにして
2時に寝て4時の目覚ましでおき、
朝はカレーそうめんと
たまごトマトにマヨネーズを
たっぷりかけて
デザートはリンゴパイ

DSC_6055.JPG
DSC_6056.JPG
を食べて元気になりました。
(牛肉を食べると元気になりますね!)
昨日感じていた脱力感もなくなり
今日は体の心配なしで
楽しんでこようと思いまする

それでは、みなさまも
よい1日をお過ごしください



>゜))))彡~


帰りに、気に入りの帽子を落としてしまった

帰りに雨が降ってきて
傘を取り出して
帽子を鞄に入れたが
駅で鞄に帽子がないことに気がついた

残念。
割りと気に入っていたの。水色の。
厄落しと考えるしかないですね。

現場は、うるさいマレーシア人の男がいて、揚げ物を流すときに
衣の切り方が悪いとか
早くやれとか
口うるさい

今日は人手不足で応援に来たのだから
細部にこだわらずどんどん仕事を
出すのが優先のはず。
10:10で仕事が途絶えたので
一杯になってるゴミ袋を
外して交換して、
揚げ物のかすをまとめて袋を二重に
して台車にのせて10:15。
きりがよいのでそこで上がらせてもらいました。

スタミナをつけようと
ステーキ肉を買ってます
帰ったら食べて寝よう


ここから下ネタっす

現場に着く前にたくさんの軟便がでて
もう溢れるんではないかと
言うくらいの量で
水分もこのときに
ほぼなくした感じです。
原因は、寝る前ビールイッキ飲みして
クーラーをがんづけして
布団をはだけて寝たこと。
寝冷えですね。
水分不足の体で揚げ物をやって
マレーシア人に絡まれて
最後の方は、半分切れて
きちんと日本語で話なさいよっ!
と怒鳴ってました 笑

あ、駅ついた
今日もお疲れ様でした



>゜))))彡~~~~~


起きたらお天気は曇り。明日は雨かシラー

今夜は19-22:30迄現場。
起きたときちょっと疲れている。
何でだろうと考えると
食べ物が片寄っている
お肉と野菜をきちんと食べていない

朝、菓子パン、素麺(鯖水煮)
夕食、具のないカレー
夜食、お握り、コロッケ、漬け物
朝、菓子パンと牛乳
寝る前、ポテチとビール

きちんと食べないと腕のお肌に艶がなくなる。。。


ということで回鍋肉


DSC_6053.JPG