2019年8/4(日)の朝に起こったこと

きちんと書いて
記録をとっておきますね。
今の現場の
フィリピン人はよい人ばかりで
みんな優しい
あの二人だけが違うのです。

2019年8月4日
まずはオトコ
いつも、言葉を話さず指をさして
指示をする。
そのときこちらが理解しないと、
「何でそうなの?!」
といってお手上げのポーズや
頭悪いねのポーズをする。
今朝は、
朝の四時頃
掃除で、モップをやれと
ジェスチャーするので
モップをとりにゆき(5メーター程歩く)やってると、すぐにワイパーをやれと言うから、モップは後でかたすつもりでワイパーをとりに行く。
モップとワイパーは別の場所。
ワイパーをやってると、
何でモップを片さないの?頭悪いね?
のようなことを言われる。

遡って、朝の3時頃。
揚げた熱いコロッケをばんじゅうに
入れて、コロッケだけは熱を逃がすため、ばんじゅうを格子状に置くのだが、私はわりといつも格子に置くことを忘れる。今回も、そこを言われた。
「いつまでたってもおぼえられないのね。」で、頭くるくるパーのジェスチャー。

次は女。更年期障害の先輩。
朝の四時から豚カツをフライヤーに
流すのだがフライヤーは2号機と3号機があり、更年期障害は2号機を使い私は3号機。温度が165度であることを
確認して時間が正しくは6分30秒なのだが3号機は1分0秒になっていて、それに気づかないで3枚流した。
流したところ肉が早く流れていったので気づいて、5分30秒で改めて揚げて
完成した。
更年期障害がそれをみて、
5分無駄にした、
5分あったら何枚の豚カツを揚げられるのか?
あなたのせいでみんな残業することになる。
そもそも3号機で流せとあなたは言われているのか?
仕事の前にきちんと確認していないのはなぜだ?(手抜きするな)
と大きな声で目をくわーっと開けて
高飛車に睨み付ける。
1分火を入れたのを5分30秒で再加熱するときも、聞いてからやれという。
みんな残業をするこの残業代は会社ではなくあなたが払えという。
こちらもイライラして、言い返す。
私は残業はしない。あなたやっといてね。私はお金はいりません。
口走る。

定時になり、更年期障害が、
あとは私がやるからあなたは帰りなさいという。


そこにベテラン派遣が来たので私はいう。
加熱時間を間違えたために
5分仕事が中断したので
5分残業になるけど
さっき私と更年期障害が口喧嘩をして
私は残業をしないと言ったので
帰っちゃっていいですね?
と聞いて
「いいよー♪」と
承諾をもらって定時でかえりました。



こんなギクシャクして
繁忙期に入るのは
無理なのでは?
私が抜けることで現場が
静かになるなら私はいつでも
ぬけられますよぉ。


>゜))))彡

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント