いろんな人に話しかけられたり助けられた1日でした

タイトル 往路で並走者、復路で自動車に乗っけて家の前まで送って貰った。下向き地蔵で黒い猫出現。不思議な1日でした。


今日は阿夫利神社まで
話ながら登ってくれたひとがいて
帰りは温泉にたちより
そこで一時間長話をしたことから
(食べ物と山の話が波長が合うのです)
その人の車に乗せてもらい
自宅前まで送ってもらいました
こんな日があるとは。
そうそう。
温泉に着いたとき紫色の服を着た
マダム風の人に声をかけられ
私が山の格好をしているので
今日のルートを尋ねられ
そのあとすこし雑談タイム。
彼女は愛媛の出身で若い頃登山をしていて
息子さんがいま、有名な登山家
ということでした。
「あなた、山でいい出会いがありますよ」
と仰せでした。
登山中も、軽音サークルの大学生の
グループと抜きつ抜かれつ、
抜くと拍手で送られてなにか
楽しかったです。
今日はいろいろなひとと
話すことができて
みんなよいひとばかりでした。
神奈川県も捨てたものではない。
いえ、捨てていないけれども。
今日の1日は穏やかで
よい1日でした。
不思議な感じでした。

今日は体調が良かったので
山頂から下るコースを
すこし遠回りにしました。
見晴台経由にして
不動尻分岐にさしかかったところで
時間が1320なので、
不動尻の滝を見て七沢温泉方面に
歩くコースに切り替えました

温泉に入りたいがために
9キロ下り坂を歩くというコースです

これがかなり無謀な選択であったことを
2時間後辺りに思い知ることに
なるのですが
結果、温泉で出会ったひとが
家の前まで送ってくれたので
結果オーライでございました

なぜ無謀かというと
東斜面を下るので日没が早いのです
3時を回ると暗くなる
一応ヘッドライトを持っていますが
気温が下がるとか、小刻みな階段の道を
一人で降りて足が壊れないかとか
両側崖の尾根道が想像より長く
1度でも転ぶと転落、救助要請必要
ということでかなり緊張して歩きました
ひととはまるですれ違わず、
2/3あたりから崩落現場が目立ちはじめ
道を迂回したり本当の道が分かりにくい
ところもあり、心細くなり、
大きな声で森の熊さんを歌いながらの
下山になりました

あと、といれのある場所に
なかなかたどり着かないので
50年ぶりに
おしっこを外でしましたよ!
久々に気持ちよいものですよね
なんてなんて

そしたら
この5分後に早足の人に
追い越されました!

タイミングがズレテイタラ
恥ずかしいことになっていたでしょう

下山でみた人は、不動尻分岐から
その1名のみです
ほんとに孤独な下山でした


そして黒猫。
黒猫に出迎えられるといいことが起こる
とか、土地の神様に祝福されている
って聞いたことありませんか?
きょうは、山を降りて七沢温泉に
行くとちゅうにある下向き地蔵で
手を合わせていて、後ろに気配がするので
振り向くと、黒いもふもふの猫さんが
じーっとこちらを見ていて
私と目があったら毛繕いを始めました

なので、この土地に迎えられたのかなー
と思ったのでした

では、次からは写真をのせます

・・・・・・・・・・・・・・


11:45富士見台
てっぺんが雲の中です

画像




1220山頂

山頂から富士山が見えます

画像



12:22 相模湾と箱根の山々が一望できます
12月が1番クリヤーです
3月はもやもやです。

画像



12:56 くつを脱いでます

画像


おひるごはんはサーモスで温かいです
肉じゃがと温かい味噌汁

画像


デザートは、シナモンクッキーと
温かいコーヒー


画像




1258下山見晴台経由

山頂より少し低いですが
ここでランチにする人は多いようです
下界を見渡せます

画像


13:02 木道が張り巡らされています

画像



下界の景色の見納めです

画像






13:17 集落の形がよくわかります

画像



1321不動尻分岐


画像






・・・・・・・・・・・

13:56 右も左も崖の道が長く続きます


画像



落ちたら自力では登れない
携帯の電波も届かない
転んだら死ぬ道です

画像

・・・・・・・・・・・・

13:40 少し前には
穏やかな道もありました

画像





1421不動尻まで1,8キロの標識
標識、ありがたいです
ないと絶対迷います

画像



この標識にも助けられました
ここをゆくのー?!

画像



14:25 東斜面なので暗いです
写真は明るく撮れていますが
このときの暗さに恐怖を覚えましたもん



画像



30年前、にゃんこと歩いた
蛭ヶ岳あたり みたいな景色


画像


画像





1500プロテイン補給 おしっこ
おしっこした5分後に通行人が
来たのです
標識があり、火事があったら
「大山1」の地点で、と言うのです

画像


1514 川で顔をあらう
(^^;おっさんみたいにザブザブと。
水は想像していたより冷たくなかったです


画像



はじめ、滝はこれかと思っていました
(^^;


画像



1527 滝本物
ここまでくれば日没オッケー
道が平坦です

画像



セラピーロードはこんな感じ

画像



滝のあと、トンネル。
けっこう長いトンネル。
入る決意をするのにすこし時間が
かかりました。
ここを通らないと帰れないのです。



画像


歌を歌って歩きました


画像



画像


歩ききったとき、禊が終わったような
爽やかな気分になりました

ちなみに、この辺の道は
フィトンチッドが高い
セラピーロードということです。

画像



画像



15:49 セラピーロード入り口は
車通行止め
大きな門があり、クマ出没注意の看板


画像





16:00頃 下向き地蔵で

画像


後ろを向いたら黒い猫さん
あれ?うつってない?

画像



16:25 七沢荘の温泉原泉

画像





16:30頃?温泉についた

画像




1815温泉をでた
ロッカーとお弁当などをたべるところ

画像





19:30自宅につく。

夕飯

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック