有鹿神社の舞いにまにあわなかったがとにかく行きました

今日は髪を切り、担当のoさんに
このあと有鹿神社に行くと言ったら
彼女は興味津々で
前にテレビで禰宜の人がパンダの
被り物をしていることを知ってました
感想を聞かせてほしいと見送られての
出発でした


海老名駅からまっすぐ大山が見える道を
ひたすらあるく850メートル
画像



まず中宮はっけん。
もともと中宮は鳩川沿いにあったが
ここに異動してきたそうです。
なので石の小さな祠でした

画像



たいこばしがありました

画像



祠は新品で後ろに古いものが
ありました

画像



画像


古い方に魂が入っているように
感じますよね


そして奥宮に向かいます
奥宮と中宮の距離からみると、
戸隠神社の奥社と中宮くらい
大きな立派な神社であることが
妄想されます。
しかし参道も並木もないので
神社の持つ荘厳な面影がありません



川に突き当たり
水の橋を前にみて左折

画像


場所は海老名だが
この水道橋は
横須賀市の施設のようです。


川沿いのこんな道をあるいて

画像


こんな景色みて
この橋が水道管を乗せてる
人が通ってはいけない橋で
てっぺんに鷺が止まっている

画像


裏から入っちゃいました!

画像



御神木

画像



失礼なので写真はとりませんでしたが
禰宜のひと?が
もうもうと埃をたてて
箒で掃いてまして賽銭を入れにくい
状況でしたのでまずは正面に回り
写真を撮りまくりました


正面から
画像


斜めから

画像


舞踊殿

画像


シャッターの後ろに人が沢山いる
雰囲気

そして、今日の11時と13時に
各30分舞が披露されたことを張り紙で
知るのでした
私が着いたのは14時を回ってからなので
間に合いませんでした。残念。


画像


それにしても、境内が殺風景
というか、ベンチとか茶屋とか、
滞在しやすい設備がございません。

普通は池があって脇に休憩できる
ベンチがあったりしますがそれがない。
近くにコンビニや飲食店もないから
居心地のよい滞在の為の空間はなく
社務所で休ませていただけるようです。

こんな看板を撮影して

1
画像


2
画像

3
画像

4
画像

5
画像


帰宅してゆっくり読んだら、
奥宮は「磯部」にあると書いてあった
磯部って、間違えて
バスでいったことがあるけれども
座間総合病院の方なので
本宮からかなり離れてます
駅で言えば二駅ほどの距離でしょう

社家という地名は
神社のスタッフが住んでいた場所に
違いないので本当に大規模な神社であることがわかります。
奈良平安の時代に隆盛を誇っていたという
今は跡形もなくなっている
まるでにゃんこ先生の家のような
物語ですよ。。。


帰宅の途につきました


運動がてら
入谷まで歩いてますよ
雪の日に歩いた道をたどりました
溝にはまらないように
遠回りしたあの道を。。。


リコーのビルがランドマークっす
これが見えたら凄くホッとします

画像


井戸の跡地はっけん

画像


画像


この信号みると、入谷から社家まで
チャリンコで走って交通費を浮かせて
バイトしていたことを思い出しますよ

あの頃はほんとに必死でした
ガーナ人のお母さんとハグして
励まし合ったこと
思い出しますよ。。。

画像



雪のときは田んぼをあるくと
側溝に落ちるから上に上がるのです
すると距離が2倍3倍長くなるのです。

画像


もう雪のときは歩きませんよ
電車が動くまで待ちますよ(笑)



遅めの昼御飯
海鮮巻きと味噌汁

画像



半分に切って東北東を向いて
無言で食べました

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック